私译《天声人语》(四)

2009年3月30日(月)付
随筆家の幸田文が「身の納まり」ということについて書いている。出入りの畳職人があるとき、腕は良くても老後に身の 納まりがつかない者は良い職人とはいえない、と口にしたそうだ▼「若い者に、自分の安らかな余生を示して安心を与え、良い技術を受け継いでもらわなくては いけない」と。つまり寒々しい老後を見せれば、若い者はこの仕事を続けていいものか不安になる。それでは失格、というわけだ。見事な人生哲学だが、難しい からこその自戒だったのかも知れない▼その随筆から半世紀がたち、身の納まりは一層つけづらくなってきたようだ。群馬県の高齢者向け住宅で先日起きた火災 にも、その感が強い。行き場のない高齢者の受け皿に、無届けのずさんな施設が使われていた▼最期が無残な焼死では、安らかな余生からは程遠い。「終(つ い)のすみか」の、質量ともどもの不足が生んだ悲劇である。これでは後に続く世代に不安ばかりが募る。畳職人にならって言うなら、こんな国は失格、という ことになる▼「老いて暖まりたい者は、若いうちに暖炉を作っておけ」と西洋の諺(ことわざ)に言う。承知はしていても予定通りに運ばないのが人生だ。年金 という公的暖炉も先々の炎は心もとない。家族や地域はゆらいで久しい。手元不如意、シングル、病……誰もが「事情」を抱えながら老境の戸をたたく▼望むの は贅沢(ぜいたく)ではなく「尊厳ある老後」である。翻訳すれば「身の納まり」という、つつましい言葉にほかならない。それに応えるきめ細かい助けの網 が、この社会にほしい。

试译

2009年3月30日(星期一)刊
随笔作家幸田文曾留有一篇有关“容身之所”的文章。文章提到曾有一位上门的榻榻米匠人说过这样一句话“如果到了晚年没有一个安稳的容身之处的话,纵使手艺再怎么精湛,也不能算一个够格的好匠人”。

据 说是因为“必须让年轻人看到我们和乐的晚年,只有这样他们才会安心地继承我们精湛手艺”。即如果给年轻人呈现的是一个贫病交加的晚年的话,他们在选择继承 这个手艺时便会陷入不安。而这便是失职——就是这个缘由。的确是着实精彩的人生哲学,但恐怕也是个知难而上的人生信条吧。

从这篇随笔诞生至今已经走过五十个年头,然而这样一个“容身之所”仿佛越发难以寻觅。前些天群马县敬老院火灾事件更徒增了我的这种感觉。作为那些无家可归的老人们最后的归宿,竟然是那样一所未经申报、漏洞百出的黑敬老院。

被悲惨地烧死——这与“和乐的晚年”是多大的天壤之别啊!而滋生这个悲剧的温床正是那所不达标准的“最后的归宿”。这样的事件只能令我们徒增不安——套用那位匠人的话,这正是国家的失职。

西方有这样一句谚语,“想要得到一个温暖的晚年,你就必须在年轻时为自己做一个暖炉”。但人生正是一个纵使我们懂得这些大道理却仍旧充满变数的行程。退休金 ——这个大众的暖炉也正因为之前的种种(退休金问题是日本一个非常严重的社会问题,由于政府的漏洞使得很多人领不到改得的退休金)而令我们心寒。地区也 好、家庭也罢,这样的不安由来已久。贫困、孤独、疾患……每个人都是抱着这样那样的“情况”缓缓叩开衰老的大门。

我们所渴望的并不是奢侈——而是一个“尊严”的晚年。这个“尊严的晚年”如果翻译过来,则仅仅是“容身之处”这样一个朴素的没法再朴素的词汇。如果能在这个社会张开一张与之相应的救助之网,哪怕极细极细——那也该多好啊……

发贴者 寝物語 时间: 下午7:55

留言

发表留言

只对管理员显示

引用


引用此文章(FC2博客用户)

搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友